「カップル」と「アベック」

| トラックバック(0)

 ストーンレッチでは、カップル限定ラグジュアリーコースを特設し、カップルのデートプランとしてこのコースのご検討をお奨めしています。

 さて、男女のペアのことを指すときには、ほんの一昔前までは、カップルなどとは言わず、大抵は「アベック」と言っていたものでした。

いったいいつ頃からこの社会では「アベック」を「カップル」へと言い代えてきたのかと考えてみても、判然としません。もう一つ、はっきりとはしないものの、きっとその変化の背景には、この社会の意識の変化があってのことなのだろうという気がするのです。おそらくは、ですが。

もう半世紀以上も昔の話ですが、戦前戦中の「男女席を同じうせず」の教育や社会の雰囲気によって染め上げられてきた世代の人達の意識からすれば、そもそも「男は黙って」であり、「女は三歩下がってつき従う」ものであって、白昼に男女が一緒に並んで街を歩くなど、普通では考えられないことだったのでしょう。

実際には、如何に自分の胸が高鳴っていようとも、非国民だの「不良」などと罵倒され、さげすまれぬためには、常に人目を意識し、折り目正しく振る舞うことが当然であるという意識から、常に異性に対して自分を制御することが習慣づいていた人達の語感としては、ゴチック体で「アベック」だった、のでしょう。

一転して、戦後の掌を返したようなアメリカの大衆文化のうねりの中で、世の中が激変して公然と男女が手をつないで街を一緒に歩いたり、映画を見に行ったり出来るようになってからでも、大方の人達の意識としては、恥ずかしくって、人前でそんな軽重浮薄なマネなど出来るか、と武士は喰わねど高楊枝の意識であったろうと想像されます。

韓流ブームの火付け役になった2004年の「冬のソナタ」の大ヒットした理由は、主演の男女に節度があって品があって、かつての青春時代の自分自身を重ねられて、感情移入しやすかったためだ、ということが通説となっているようです。

つまり戦前の男女の節度にうるさく窮屈な時代の余韻がまだ色濃く残っていた雰囲気の中で、青春時代を過ごしてきた、現在の中高年のおば様たちが夢中になれる清純派の美男美女によるドラマだったから、だと言われています。

今時の安手のテレビドラマなどとは違って、切ない自分の気持を抑制して、自己犠牲を受け容れてでも純愛に生きようとする姿に夢中になれる世代の人達なら「アベック」こそがピッタリ来るのではないかと感じるのです。

そして、「トレンディードラマ」以降の世代ともなると、やはり「カップル」でないと、しっくりしこないのではないかと想像しているのです。

さて、どうでしょうか。

 

「アベック」から「カップル」へ
世界で最も影響力のあるカップル
どうして目黒?

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.stone-retch.jp/mt/mt-tb.cgi/334

このブログ記事について

このページは、ストーンレッチが2013年5月28日 17:50に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「最後に頂いたドリンクの種類が豊富で良かった。」です。

次のブログ記事は「「アベック」から「カップル」へ、」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.12
最新情報・メニュー
ライン 料金 ライン ご優待情報 ライン 店舗のご案内 ライン ブログ

ライン
ストーンレッチとは
岩盤浴Q&A
タイ古式マッサージQ&A
ナチュラル&クオリティ
男性向けマッサージ

ライン
メニュー
コースメニュー
キャンペーン情報
ご予約・お問い合わせ

ライン
初回限定ご優待
カップル限定ご優待
キャンペーン情報

ライン
アクセス
ご予約・お問い合わせ
お客様の声
サイトマップ
スタッフ募集

ライン
目黒駅前タウン情報
相互リンク集
タイ古式マッサージ
セラピストブログ

岩盤浴スタッフブログ
その他情報

東京で高品質の岩盤浴と現地のクオリティーのタイ古式マッサージが受けられます。